C3 シトロエン エクスクルーシブ 試乗

スローライフ 幸せになるクルマ

citr.jpg

 

これ、実はもう1年ぐらい前に乗ったクルマです。

でもその印象は今もはっきりと覚えています。

つまりそれほど良かったのですね。

  • C3は2009年11月に本国フランスでデビューしたコンパクトカーです。

    いわゆるBセグのクルマですが、このクラスでこれほど質感の高いクルマは他にはVWポロ以外ありません。

    同じPSAのプジョー207はもう少しスポーティですし208が控えています。

    結論から言ってしまっては元も子もないですが、上質な実用車として同クラスでこのC3以上のクルマはありません。

    スタイル★★★★
    特徴は「ゼニス(頂上)ウィンドスクリーン」ですね。

    これはほとんど使う機会の無いサンルーフよりよほど楽しめます。

    サイズは国産車でいうと「マツダ・デミオ」といい勝負です。

    デミオもスタイルはいいですが、C3のスタイルも先代同様、小型車らしい可愛らしさと2CVをイメージさせる適度な“かぼちゃ感“があって個性的です。

    それは、このクラスの実用車としては複雑に過ぎるかもしれないサイドのベルトラインの抑揚であったり、1530mmという高い車高からなるちょいダサ感から生み出されます。

    大きな弧が強調されたフロントフェンダーもクラスを超えた力感があり、かなり大きめなかぼちゃに見えます。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいところです。

    内装★★★★☆
    内装は外観以上に魅力的ですね。

    見た目の質感はもはや国産コンパクトカーとは別次元の世界にいます。

    試乗したのは、アルカンタラ/ファブリック内装のエクスクルーシブですが、素のモデルも悪くありません。

    また後席が広くなったことも朗報です。

    先代はその特徴的なルーフ形状のあまり頭が触れましたが、新型はこのクラスとしてはひざまわりの余裕も増え、もっとも快適な部類となりました。

    もはやCセグに迫る広さを獲得しています。

    星が一つ足りないのはドライビングポジションが先代ほどしっくりと来ないことです。

    まあ慣れれば定位置を見つけ出せるのでしょうが、一発でココという感じは出ません。

    まあそれだけ国際的になったということかもしれませんが。

    DSC_0177.jpg

エンジン・ミッション★★★☆

お馴染みPSAとBMWが共同開発した1.6リッター直4(120ps、16.3kgm)ですね。

  • 1210kgの車重にはまったく十分なパワーですが、気になるのはこれまたお馴染みの「AL4」ことトルクコン式4段ATですね。

    ところがこれが意外にも街中ではまったく不満がありませんでした。

    まるで国産ATのようにシフトショックも無くキックダウンも過敏ではありません。
    下りで少しでもブレーキペダルに足を乗せると律儀にキックダウンしてエンブレを効かせてくれるあたりに僅かにその面影を残しますが、もはやストレスフリーであることに異論は無いでしょう。

    とにかく乗っていて嫌なところがまるで無い。コレ重要です。

    ただ流石に4速とあって100km/h巡航は約3000回転となり燃費では不安が残ります。

    シトロエンファンとしてはプジョーにはあるアイシンの6ATを早くこのC3にも移植して欲しいと思います。

    足回り★★★★
    先代は高速安定性とコーナリングでこそ素晴らしいフィールを持っていましたがその代償と言うか低速では硬さが取れませんでした。

    新型はその硬さがすっかりとれてシトロエンに期待する優しさをもつようになりました。

    電動パワーステアリングの手応えも自然で安定しています。

    星が一つ足りないのは、少ししっかりしすぎて、ほんの僅かにドイツ車臭を感じさせることです。

    それでも確かに「ぽわーん」としているところも残っていて、207よりは遥かにフランス車度は濃いです。

    それともう一つ、コーナーで先代のような徹底したライントレース性が出ない事も不満です。

    まあこれもほんの些細な領域ですが、ソフトになった分、ステアリングの蛇角にシビアと言うか、コーナリング中の姿勢変化で僅かにブレが出やすいです。

DSC_0178.jpg

総評★★★★

  • それにしてもこれほどのクルマが200万そこそこで乗れるなんて!ついに100円を切ったユーロ安も悪くないですね。

    アルカンタラシート、オートヘッドライト、オートワイパー、アンビエンスライト、ESPが省かれるノーマルのC3なら209万円です。

    とにかくこの価格でこれほど豊かな気持ちになれる実用車ってちょっと他では思い浮かびません。

    ゴルフはクラスが上ですし、満足はするものの、ペット的な楽しさや生活満足度のような感じはやはりフランス車に分がある気がします。

    またスポーティに行くならDS3もいいですが、このC3のように生活を共にして楽しくなる感のあるクルマはなかなか無いものです。

    スペック:全長×全幅×全高=3955×1730×1530mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=239.0万円

↓↓↓もっと詳しいクルマ買取テクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車一括査定
 

↓↓↓もっと詳しい中古車を探すテクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車購入

↓↓↓もっと詳しい自動車保険を安くするテクニックを知りたかったら↓↓↓
自動車保険