120i  2006年 BMW 試乗

つき抜ける歓びはない?

BMW  120


120ですが、流石にシャーシは抜群ですね。

でも今回はエンジンが中途半端でした。
ハンドリングは確かに「駆け抜ける歓び」なのですが、この年代のエンジンは・・。

 

●概略

 

2004年のデビューです。

116、118、120、130でしたが、今は118が落とされ、2ドアのクーペに135が追加、さらにボディはカブリオレも追加されています。

 

 

スタイル★★★★

 

どこから見てもBMWそのもののデザインです。

5ドアHBとしてもよくまとまっていると思います。

凝縮感のあるデザインはプレミアムモデルに相応しい安定感です。

 

ただこの5ドアHB以外のカブリオレやクーペは全長に無理があるのか伸びやかさも美しさもありません。

クーペはマルニみたいと言う人もいますがアレほどクリーンでもバランスがいいわけでもないと思います。

どこか第三世界的なアグリーさはありますが・・。

 

 

内装★★

 

内装はレザー仕様はいいですがこのファブリックはあまりに安っぽいです。

内装オタクのBMWとしたことがどうしたことでしょう?単に黒っぽいというだけの内装も暗くて楽しさはありません。

BMWはレザーでは白や茶色などいい色のバリエーションを出していのに・・。

高価なレザーを選ばせる作戦でしょうか?

 

まあこれはBMWだけではないですが、セルのスタートボタンやATのマニュアルモードが左ハンドル仕様のままなのでやりにくいですね。

乗り込む度にエンジンキーを左手に持ち替えてハンドルに隠れたキーの穴を探さなくてはならないのは嫌ですね。

 

 

エンジン★★★

 

320のところで5つ★を付けましたが、こちらは同じ直4、2リッターでもフィーリングはまるで異なります。

エンジンルームのスペースの余裕による吸排気系の取り回しの違いでしょうか、また後発の3ではミッションなども見直されているのでしょう。

3の156psは実にソリッドです。

 

ところがこの120は6ATがハイギアードで、市街地では1000そこそこしか回りません。そこから踏み込んでもミッションが迷うか、もさっとした加速となるかのどちらかで明らかに合っていません。
1を買うなら116か130です!

 

130はそれこそどこからでも直結した加速が得られますし、116にしても回して楽しめば諦めもつくというものです。

120だけは中途半端でいけません。

120ならば5MTで乗ることです。

この6ATとの組み合わせでは歓びは得られません。
 

BMW  120

BMW  120
↑いつも思うのですが、取っ手が前に付いていてアームレストに指を入れる部分のないこのスタイル。

風の強い日など隣りのクルマにドアをぶつけてしまわないかと心配になります。

微調整がきかないのに何故???

 

BMW  120
↑デフなどが不利なFRとはいえランフラットでどうにか深さを確保しています。

 

回り★★★★

 

サイズは変われどその安定感は5シリーズの如し。
軽快感はまったくありませんが、クラスを超えたスムーズな乗り心地と抜群の安定性、乗り味の高級感はBMWの面目躍如です。

ボディの剛性感も文句無しです。だからこそよりエンジンが物足りなくなってしまうわけですが・・。

 

 

総合評価★★

 

2つ★ですがこれはこの時代の120(AT)に限った評価だと思ってください。

116なら3つ★130なら4つ★です。現行の120は乗っていませんが、320の出来からして4つ★は固いと思います。

 

内外装の色もそうですが、エンジンに対してシャーシのスタビリティがあまりに高い、重量感もアリアリで面白みに欠けたのも★が少ない要因です。
次は135に乗ってみたいですね。

 

BMW  120

 

 

★BMWにお乗りの方へ試乗オヤジからのお得情報↓
「BMWを高く売る裏ワザ」をまとめてみました!

↓↓↓もっと詳しいクルマ買取テクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車一括査定
 

↓↓↓もっと詳しい中古車を探すテクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車購入

↓↓↓もっと詳しい自動車保険を安くするテクニックを知りたかったら↓↓↓
自動車保険