誰のためのポール?

クルマ=危険の考えはいい加減にして!
P1030589_1.jpg
よく通る踏切りに何故か急に超邪魔なポールが立てられているではありませんか??
ピンボケ写真でよく分からないですが、中央の警報機の下あたりです。
ここはクルマがどうにか対面で通れるかどうかという狭い踏み切りで、トラックなど大きなクルマが来た時は左側のスペースにいったん避難して道を譲ることが、この地域住民の了解事項でした。

 

ところがところが、その大事なエスケープゾーンに鉄のポールが立てられているではありませんか!
これではこれまでの調子で踏み切り手前まで行って待っていると、互いに立ち往生してかなり危険です。

 

いったい誰のためのポールなんでしょう?
とにかくどんなに細い道路でも誰も利用しない歩道を作ったりと、この国の道路行政ときたら相変わらず形式だけのアホな論理がまかり通っています。
自分でクルマに乗らないお偉いさんが決めるんでしょうね!
こんなところに税金が使われていると思うと、まったく嫌になります。
これでは選挙で負けるのも仕方ないかと思ってしまいますね。

↓↓↓もっと詳しいクルマ買取テクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車一括査定
 

↓↓↓もっと詳しい中古車を探すテクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車購入

↓↓↓もっと詳しい自動車保険を安くするテクニックを知りたかったら↓↓↓
自動車保険