SAI 試乗 トヨタ

惜しい!

DSC_0193.jpg

トヨタのハイブリッド専用車としてはプリウスに次いで2番目のクルマですね。

高級な仕様となっています。

まあプリウスより100万円も高いと考えるか、同じエンジン&ボディのレクサスHSより100万円も安いと考えるか難しいところです。

  • ●概要
    HSに遅れること約半年、2009年12月7日に発売されました。

    2.4リッターエンジン+モーターを組み合わせるハイブリッドシステムも、「レクサスHS250h」と同じもの。

    レクサスでは全車に付随するサービス「ヘルプネット」もトヨタ車として初めて標準装備され、ボタンひとつで救急車などの助けを呼ぶことができます。

    今回のテスト車は、エントリーグレードの「S」です。

    2インチ大きな18インチホイールやLEDのヘッドランプ、プラズマクラスター付きエアコンなどの装備が追加される上級グレード「G」との2本立てとなっており、それぞれにエアロパーツやレーダークルーズコントロールを備える「ASパッケージ」が用意されます。

    スタイル★★
    第一印象はいかにもトヨタらしいと言うか、はっきり言って田舎のおっさん風です。
    何でハイブリッド専用車がこのスタイルなのかまったく理解できません。

    先進的なイメージはどこにもありません。

    全長はプリウスよりも240mmも長いのにホイールベースはプリウスと同じ2700mmにとどまります。

    これではせっかく高くしたルーフが活かせません。

    合理的なパッケージングとはいえません。

    前後のオーバーハングが大きいのも古臭いスタイルに感じる要因です。

    Aピラー付け根を前に出したキャブフォワードはトレンドですが、これもSAIのキャラから考えると印象をチャラくしているだけです。

    これが立っていれば初代プリウスのような実直なセダンを印象付けられたかもしれません。

    なんとも惜しいです。

    ベルトラインが高くドアのマスが大きいのも古臭いですね。

    せっかくの天地の高さを活かせていません。

    グリーンハウスを大きくすればクリーンな印象もあったと思います。

    とにかく田舎臭く古臭いスタイルです。

    とてもハイブリッド専用車とは思えません。

    サイドのマスの大きさから16インチタイヤがやけに貧弱に見えるのもマイナスです。

    内装★★★
    インパネはフルフローティングで宙に浮いたように見せるタイプですね。

    頑張っていますが、これも出典はボルボV50ですから褒められたものではないです。

    シートは前後とも大きく座り心地もいいのですが、デザインは相変わらず何の変哲もないタイプです。

    救いはブラウンのカラーが落ち着いていること。

    ダッシュの質感や、ドアの内張りの生地などが凝っていることです。

    ここは単に欧州チックなHSよりもジャパンオリジナル風に個性的で好感がもてます。

    レクサスと同じマウスのようなリモートタッチも慣れれば使いやすいのでしょうが、これはどうしても右手で操作したくなりますね。
     
    エンジン★★★★
    プリウスより600cc大きい2.4リッター直4エンジンと強力なモーターによって、3リッター並みの動力性能となっています。

    2.4リッターエンジン(150ps、19.1kgm)とモーター(143ps、27.5kgm)、スペック上はプリウスと比較すると、エンジン出力が約1.5倍、モーター出力が1.75倍で、トータルで発揮されるシステム出力でも1.4倍。車重が250kgほど増えていますが力強さは十分です。

    THSでいつも思うのはやはりスタート時に無音と言うのはやはり未来を感じますね。
    流石に繋がりも違和感が無くスムーズそのものです。

    エンジンも4気筒としては十分に静かでスムーズです。

    そういう意味では無音のモーターとのマッチングもいいですね。

    アクセルを踏むと「プシュー」っと風船が膨らむようにトルクが盛り上がります。
    無音でどんどんスピードを重ねるサマはやはり高級感があります。スタートがスムーズで街中のストップ&ゴーがストレスフリーです。

    もちろんスポーツエンジンのような楽しさはありませんが、ハイブリッドにそれを望むのは筋違いでしょう。

    星が一つ欠けるのはアクセルが妙に軽くオン・オフ・スイッチのようなドライビングになってしまうからです。

    燃費を稼ぐ繊細なドライブも出来なければエンジンとモーターの調和を愉しむ気にもなれません。

    まあもともとTHSは勝手な制御が多くドライバーの意のままには走れませんが・・。


DSC_0192.jpg

  • 足回り★★★★
    ここもスムーズでストローク感もあり、なかなかしなやかです。

    ブッシュの容量もたっぷりで乗り心地はトヨタのいい面が出ています。

    試乗車は16インチでディーラー・オリジナルの軽量ホイールを履いていたため足取りも軽やかだったので、少し割り引いて考えないといけないかもしれませんが、それでも快適なことは間違いありません。

    そして操縦性ですがココも珍しく個性的です。モーターとバッテリーの重さが効いているのか、かなり重心が低く感じられ実に安定しています。

    相対的に高いシートポジションと良好な視界なのでなおさら印象がいいです。

    随分下の方に重量物がまとめられている感じがはっきりと伝わってきます。

    これはなかなか快感です。

    ただ飛ばして楽しいものではありません。

    のんびり流すのにはいいですが、少しペースを上げるとやはり、スタイルのところで述べたように前後のオーバーハングが現代の車としては異様に大きいですから、ボディコントロールが効かなくなります。

    ピッチングやダイブはもちろん、バウンジングなど賑やかな動きになります。
     
    総評★★★
    乗り心地の悪いプリウスと違い、なかなか個性的で街を流すには楽しめるクルマだと感じました。

    トヨタ車には珍しくSAIの乗り味には確かに個性がありました。

    だからというか、なおさらそのスタイルが惜しいわけです。

    走りももう少しつめて欲しいです。

    特にロードノイズはもう少し抑えて欲しいです。

    ハイブリッドの宿命ですが、路面の悪いところを走ると急に「ゴー」っと盛大な音を立てます。

    ならばHSにすれば? と思われるかもしれませんが、ところがこのHSもあまり変わりばえしません。

    内装も面白くないですし、乗り味も100万円の差はありません。

    むしろ、このSAIをドンガラのように使うのが面白いかもしれません。

     これでハイブリッドらしい先進的なスタイルとセンスのいい内装、さらにプリミテ
    ィブな走りなどがあればトヨタ車としては久々にお薦めできるクルマだったと思いま
    す。惜しいです。

    スペック:全長×全幅×全高=4605×1770×1495mm/ホイールベース=2700mm/車重=1570kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.1kgm/4400rpm)+交流同期電動機(143ps、27.5kgm)/価格=338万円

    高額売却したいならトヨタ・ファンカーゴ買取査定が参考になります。

 

↓↓↓もっと詳しいクルマ買取テクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車一括査定
 

↓↓↓もっと詳しい中古車を探すテクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車購入

↓↓↓もっと詳しい自動車保険を安くするテクニックを知りたかったら↓↓↓
自動車保険