シビック (スタイル短評)

もはやアメ車です
civ.gif
ニューヨークモーターショーにで発表された新型シビックですが、ご覧のようにすっかりアメリカ人になっちゃってます。

まあ、既に日本では発売されていないのでなんともですが、、
シビックといえばオヤジ世代としては、ちょっと洒落たスポーツハッチでした。

CVCCで世界で初めてマスキー法をクリアした72年デビューの初代もそうですが、ヨーロッパでも絶賛された3代目ワンダーシビックも凄いクルマでした。
そのデザインと走りで徳大事さんも絶賛でしたクルマでしたね。

今回で9代目、はっきり言ってどんどん印象なくなってて先代がどんな形だったかさえ思い出せないです。

今回もワンオブゼムです。
新型シビックは、ガソリン車、低燃費ガソリン車、リチウムイオンバッテリー搭載のハイブリッド車、スポーツ仕様の「Si」 クーペ、天然ガス車、など5タイプも用意される意欲作です。
それがこんなシボレーみたいなスタイルでいいのでしょうか?

まあアメリカで売れたらいいということですね。
でもアメリカ人もこれをシビックとして喜ぶのかなあ??

 

↓↓↓もっと詳しいクルマ買取テクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車一括査定
 

↓↓↓もっと詳しい中古車を探すテクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車購入

↓↓↓もっと詳しい自動車保険を安くするテクニックを知りたかったら↓↓↓
自動車保険