ゴルフGTI VW 6速DSG シルバー 2005年 124.8万円(車両価格)

懐かしの中古車インプレッション

 2005年 VW ゴルフGTI 6速DSG シルバー

124.8万円(車両価格)

「スポーツハッチの完成形が今やこの価格」

IMG_1542

 

 これ1台あれば何もいらないのが、ゴルフのGTIですね!

 

実用性の高いハッチバックボディに、高いスポーツ性と経済性まで詰め込んでるわけですから、どんな場面でも満足できるわけです。

 

特にこの5代目のゴルフ5は4の時代からボディサイズがアップし、快適性が大きく進化しました。

 

ミッションも4代目の5速AT(トルコン)から、現在の7でも採用されているツインクラッチ(6速DSG)となり、トルコンスリップのないスポーティーな走りを実現しています。

 

価格も10年落ちとはいえ、軽自動車並みの124.8万円!

 

これで今でも十分に通用するGTIクオリティーを楽しめる訳です。

 

 IMG_1515

 

走行距離も4万7千キロと少なめです。

これがゴルフ6になると走行距離が多くても160万ぐらいからになりますから、今はこの5がお買い得ですね。

 

色もシルバーで落ち着いた印象です。

 

GTIは黒や赤も多いですが、シルバーで乗るのも渋いですね。

 

スタイルは今見ても古くないというか、完成度が高いですね。

 

無駄なラインが無くて綺麗ですし、GTi専用の蜂の巣状の赤いラインをもったフロントのシングルフレームも今の流行に通じるものがあります。

 

またオプションで装着されている17インチの5穴のアルミホイールもこの時代のGTIのアイコンの一つですね。

 

 IMG_1522

 

内装もGTIの定番であるスコテッシュチェックでとても綺麗な状態です。

このファブリックのシート生地は丈夫でスポーツ走行時も革のように滑らないのがいいですね。

サポートもばっちりです。

 

夏場、革のように熱くならないのも嬉しいです。

 

 IMG_1553

 

専用メータークラスターのレタリングも精緻な印象です。

 

標準のHDDナビも付いていますし、CD&10スピーカー付きオーディオ、オートライトシステム、レインセンサー付フロントワイパーに加え、フルオートエアコン、キセノンヘッドランプなど快適装備も充実しています。

 

IMG_1506

 

リアシートは分割可倒式で、トランクスルー機構も備わっています。

荷室の下には、最近増えてきたパンク修理キットではなく、テンポラリースペアタイヤが収まっています。

 

IMG_1556

 

アルミのGTIロゴプレート付きの太い革巻きのステアリングもスポーティーですね。

初期モデルでは付かなかったパドルシフトが付いているのも嬉しいです。

 

 

 さて、それでは早速走り出してみましょう。

 

エンジンは2リッター直4、DOHC16バルブターボ・インタークーラー付きで200ps/5100〜6000rpm、28.6kgm/1800〜5000rpmです。

 

リッターあたり100㎰のハイチューンですが、トルクがフラットで低速から扱いやすいことが、GTIユニットに共通する美点です。

 

評判の悪かった4の低回転域トルク型2.0リットルSOHCエンジンが150ps/5,700rpmでしたから50㎰以上スープアップされているわけです。

 

 IMG_1551

 

それにしても、DSGのマナーのよさはこの時代からあきれるほどですね! 

スタート時ですらトルコンとの違いを見出すには体中をセンサーにする緊張が要求されます。

 

他の2ペダルマニュアルに見られるシフトアップ時の空走感やシフトショックは皆無です。

またトルコンに見られるキックダウン時の失速感もありません。

 

VWは今から10年も前にこのレベルのツインクラッチを持っていたことを思うと、

今の国産車のCVTは何なのでしょう?国産車のミッションは10年以上遅れを取っていると思いますね。

 

IMG_1518

 

 ターボの癖のない自然吸気のように気持ちよく吹けあがるパワーユニットもいいですね! 

走行距離もまだ47000キロですから、ドイツ車にとっては今が本調子!まだまだこれからというところです。

 

 IMG_1545

 

足回りは意外にソフトです。

もちろんノーマルからは固められていますが乗り心地はむしろしっかりとしていて快適です。

 

このスムーズで上質な乗り心地こそが実用車たらんGTIの真骨頂です。

 

サスペンションは、前マクファーソンストラット、後4リンクをベースに、25mmローダウンされ、専用チューニングが施されたものです。

 

スプリング、ダンパーをハードにし、リアスタビライザーは20%剛性アップが図られています。

タイヤは225/45R17サイズです。

 

ダンパーのへたりや直進性なども問題ないですね。

ステアリングがとられるといった症状や振動もありません。

 

 IMG_1512

 

ハンドリングはタイトコーナーではアンダーに仕立ててありますが、高速になるにつれニュートラルになり抜群の安定感を示すタイプです。

 

高速走行ではゴルフならではの圧倒的なボディ剛性で快適なドライブが出来ます。

これはこの価格の国産車を新車で買っても絶対に得られないものです。

 

ハイスピードで高速走行をする機会の多い方はぜひ試乗してみることをお勧めします。

お問い合わせ:株式会社AUTO MARCHE 080-3026-3654 

 

【新車時スペック】全長×全幅×全高=4225×1760×1495mm/ホイールベース=2575mm/車重= 1460kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(200ps/5100〜6000rpm、28.6kgm/1800〜5000rpm)/価格=336万円

VWゴルフを高額買取査定で売りたい時はこちらが参考になります。

 

 

↓↓↓もっと詳しいクルマ買取テクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車一括査定
 

↓↓↓もっと詳しい中古車を探すテクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車購入

↓↓↓もっと詳しい自動車保険を安くするテクニックを知りたかったら↓↓↓
自動車保険