オーリス 120T トヨタ 試乗

トヨタNo.1? 流石の仕上がり!

IMG_5569

 

オーリスは2012の9月にこのメルマガでも1.8Lモデルを取り上げました。

足に比べてエンジン&CVTの出来がイマイチでアンバランスな印象を受け ました。

 

しかし今回はそのエンジンが新開発の1.2Lダウンサイジングタ ーボを搭載したというではありませんか?

これは乗ってみなくてはと、早速試乗に出向きました。

 

結論から言ってかなり良かったですね!

少し前にお届けしたアベンシスもですが、欧州トヨタの乗り味は流石に いいですね。

こういうのを知ると日本仕様の普通のモデルがいかに子供 だましなクルマが多いかが分かりますね。

多くの人も一度でもこういう のに触れると、今までのトヨタは何だったの?って思うと思うのですけ どね?

 

ではでは、逝って^^みましょう!

 

スタイル★★★

 

フォルムはオーソドックスに安定感をイメージさせる台形です。

張りと ボリュームのある面構成で力強さを演出しているあたりは同じハッチバ ックの欧州シビックと同じ手法ですね。

マイナーでロワグリルの開口部が広げられるなど、エクステリアにも変 更が加えられています。

 

確かにマイナー前よりもすっきりとした感じに なっていますね。

リアはレクサスCTなどでも使っていますが、ショルダーラインと一体に なった、立体的なリアコンビランプが特徴的です。

全般に可もなく不可も無くといったスタイルで万人に受け入れられるあ たりはトヨタらしいと言えばらしいわけですが・・。

 

内装★★★★

 

ここはマイナー前は★★☆でしたから、随分頑張りました。

明るい色調 の木目調パネルは120T専用です。

 

シートも本革とウルトラスエードとい う合成皮革を組み合わせたタイプでなかなか凝っています。

黒一辺倒だったマイナー前の内装からすると、随分変わりました。

これ なら輸入車を買う層にもアピールします。

外装以上に頑張ったのではな いでしょうか?
 

 

IMG_5573

 

エンジン★★★★☆

 

ココもいいですね。

前回の1.8Lが、そのあまりに平凡なフィールから★ ★☆でしたからここも大きくジャンプアップです。

 

トヨタではNXの2リッターに続いて2機目となる新開発のダウンサイジン グターボは1.2リッターできました。

直4直噴ターボエンジンで形式は 「8NR-FTS」、パワーは116psと18.9kgmを発生します。

 

最高出力は1.8リッターの144psに及びませんが、トルクは17.6kgm/4000 rpmの1.8リッターに勝っています。

フィールもこちらの方が遥かにいい ですね。

低速からトルクが出ていますし、ターボ特有のピーキーな特性 もありません。

全域でトルクが太く、フィールもいいのでストレスが無 くスポーティーに感じます。

 

アイドルストップの再始動も最もマナーの 良い部類に入ると思います。

CVTのセットアップもスリップ感が無くなっています。

マッチングが非 常によくトルコンやツインクラッチよりもスムーズでシームレスな加速 が得られます。

これならCVT嫌いのオヤジもいいかなと感じます。

 

燃費もJC08モード燃費は19.4km/リッターで、1.8リッターの14.4km/リ ッターはもちろん、1.5リッターモデルの18.2km/リッターにも勝ってい ます。

ただライバルのゴルフと比べるとパワー・トルクでは勝りますが、 燃費では21.0km/リッターと少し差があります。

 

足回り★★★★☆

 

足回りは1.8も相当良かったです。

4つ星でした。今回☆が加わったのは 乗り心地にしなやかさがプラスされたからです。

最初の微小ストローク が非常にソフトに感じられます。

しかしすぐにしっかりとした領域へ突入しますからコーナーでの安定感 も高く乗り心地もフラットです。

 

この乗り味はアベンシスとも少し違ったものです。

どちらレベルが高く 確かにこれなら欧州車とも勝負できると感じさせます。

リアサスペンションには1.5リッターのトーションビームでは無く、1.8 リッターモデルと同様にダブルウィッシュボーンが採用されています。

このあたりが120Tがシリーズで最も高価な所以です。

 

マイナーで安全装置も充実しました。「Toyota Safety C」が採用され ました。

これは衝突回避支援型プリクラッシュセーフティー、レーンデ パーチャーアラート、オートマチックハイビームを組み合わせたもので、 120Tには標準装備されています。
 

 

IMG_5575

 

総評★★★★

 

ヨーロッパでCセグハッチといえば「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を 筆頭に「フォード・フォーカス」「プジョー308」などがいますが、こ れなら好みで選べると思います。

日本車ではアクセラとはいい勝負です ね。

おススメ物件です!

 

【スペック】ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4330×1760×1480mm ホイールベース:2600mm/車重:1300kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リ ッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力: 116ps(85kW)/5200-5600rpm/最大トルク:18.9kgm(185Nm)/1500-4000 rpm/タイヤ:(前)225/45R17 91W/(後)225/45R17 91W(ヨコハマ・ アドバンデシベル)/燃費:19.4km/リッター(JC08モード) 価格: 259万37円

高額査定を知りたい時はトヨタ・イスト買取査定が参考になります。

↓↓↓もっと詳しいクルマ買取テクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車一括査定
 

↓↓↓もっと詳しい中古車を探すテクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車購入

↓↓↓もっと詳しい自動車保険を安くするテクニックを知りたかったら↓↓↓
自動車保険