アルト ターボRS スズキ 試乗

オヤジ世代のアイドル

IMG_5481

 

アルト・ワークスを知るオヤジ世代には懐かしさを感じるのではないでしょうか? 

名前こそRSですが、久々の軽量かっとび系の軽スポーツの登場です。

それでは逝って^^みましょう!

スタイル★★★★★

ホワイトのボディにアカのアクセントなど、ちょっとフィアット&アバルトチックな演出ですが、全くパクっているわけでもないし安っぽくも無いのはなかなかのセンスです。

ちょっとノスタルジックなのに、狙っていないというか、肩の力の抜けた感じはちょっとこれまでの日本車に欠けていたセンスですね。

他の軽のようにあざとくぶりっこしているわけでもないのに、結果潔くとても愛嬌のあるスタイルになっています。

このクルマ全体を包むどこか爽やかな空気感はこれまでの軽には無かったものです。

フロントは吊り上がった目が特徴ですね。昔のフロンテもそうでしたが、小さいクルマがちょっと生意気でユニークな表情を見せるのはこのライトの演出によるところが大きいです。

リアも特徴がありますね。

ノーマルの上級グレードにはリアハッチのカラーを変えられる2トーンオプションがありますが、RSにこの用意はありません。

しかし低い位置の内側に寄せられた小さなコンビネーションランプやハイデッキを思わせるマスの大きなテールゲートなども十分に個性的です。

ちなみにRSのボディーカラーは「パールホワイト」「ブルーイッシュブラックパール3」「ピュアレッド」の3色

内装★★★★

内装はちょっとそこだけ可愛いを意識したかのような形状のダッシュボードが最大の残念ポイントです。

シートの形状はノーマルでも良かったですがこのRSもいいですね。

ちゃんとデザインされています。

座面のサイドサポートを高め、腰の部分も固めてあるのでのホールド性もしっかりとしています。

赤をアクセントとした演出も外観同様にアバルト風です。

リアシートはミニマムですが、どこも触れる場所が無い程度のスペースは確保されています。

ドアの内貼りなども質感はそっけないですが、デザインはシンプルだし何よりこれだけ軽量だと全てが許せてしまいます。

軽く作るための割りきりなのだと。

 

IMG_5484

 

エンジン★★★★

エンジンはノーマル(最高出力:52ps(38kW)/6500rpm、最大トルク:6.4kg-m(63N・m)/4000rpm)でも良かったですが、このターボRS(最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:0.0kgm(98Nm)/3000rpm)は流石にスポーティーなフィールが心地いいです。

 

回転を上げてもスムーズで、元気のいいサウンドも楽しめます。

パワー特性自体はワークス時代のようにピーキーなものでは無くフラットで使いやすいものです。

それでも車両重量がFFで670kg、4WDで720kgとあってスピードの乗りが良く軽快な加速となっています。

ミッションは5段AGSです。

ノーマルモデルにあるマニュアルが無いのは残念ですが、経験豊かなマニエッティ・マレリ(ここもイタリアっぽい!)のAGSは、なかなかのものです。

確かに1-2へのシフトアップでは失速感はあるもののアクセルワーク次第でショックは低減出来ますし、マニュアルモードでは一層ダイレクト感とレスポンスを重視したものとなります。つまりCVTよりも楽しめるミッションになっています。

足回り★★★★

ボディ剛性はノーマルでも軽量の割にはしっかりしていると感じましたが、このRSでは、高剛性のフロントバンパーメンバーや、ストラットタワーバーなどの採用に加え、Bピラー上部やテールゲート開口部へのスポット溶接の増し打ちなどで剛性を強化しています。

足まわりもブッシュやストラット、前後のスプリングなどを変更するとともに、専用チューンのKYB製のダンパーなどがノーマルとの相違点です。

乗り心地もいいですね。

しっかりしたボディに固めた足という組み合わせは、フラットで飛ばしても安心感の高い走りを提供します。

ハンドリングも楽しいです。とにかく軽量は全てに効きます。

この楽しく軽やか足どりはハイト系の車種では不可能な味わいです。

唯一気になったのはノーマルの時も指摘しましたが、ステアリングがもう少ししっかりしていればと思います。

ここの剛性と正確性が増すと正にフィアットのスポーツモデルやアバルトのような味になると感じました。

IMG_5482

 

総評★★★★

それにしても最近のスズキの商品企画は外しませんね。

ハスラーといいこのアルトといい大人が乗っても恥ずかしくない軽に仕上がっています。

どうでもいいようなクルマを連発する日産などより遥かに魅力的で大人のクルマ好きに刺さります。

軽の中でもこれほど楽しいクルマはなかなかありません。

ムーヴは確かに良く出来ていますがムーヴの代わりは普通車で出来ます。

 

しかしこのアルトに代わる普通車はありません。

これ程軽量で、楽しめる車はなかなかありません。
S660やコペンとの違いはその気安さです。

実用性も高く足としても便利です。

そして何より安いです。

軽なのに200万を超えるようなクルマと違ってこのアルトは130万ほどです。

やはり本来の軽はこうでなくてはいけませんよね。

【スペック】ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1500mm/ホイールベース:2460mm/車重:670kg/駆動方式:FF/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:5AT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:10.0kgm(98Nm)/3000rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V(ブリヂストン・ポテンザRE050A)/燃費:25.6km/リッター(JC08モード)/価格:129万3840円

スズキ・アルトラパンの高額査定ならこちらが参考になります。

↓↓↓もっと詳しいクルマ買取テクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車一括査定
 

↓↓↓もっと詳しい中古車を探すテクニックを知りたかったら↓↓↓
中古車購入

↓↓↓もっと詳しい自動車保険を安くするテクニックを知りたかったら↓↓↓
自動車保険